シェアダイニングルームとは

東京女子学生会館は全230室となります。その中で通常個室の他に、6居室を1ユニットとしたユニット専用共用部「シェアダイニングルーム(洋タイプ・和タイプ)」を併設した個室を設けております。今回シェアダイニングルームを設けた理由の1つには「積極的にコミュニケーションが取れる場を入館者様へ提供したい」という思いがございます。さまざまな価値観をもった学生やはじめて上京される学生または留学生の方とシェアダイニングルームを通じていっしょに生活することにより、お互いに多少の不自由さを感じることがあると思います。しかし、その中でみんなで話し合い、相互理解を進め「ここは、抑えよう。ここは、言っておこう。」などの感覚を身に着けていただけたらと思っております。また、留学生と日本人学生がいっしょに生活することにより、留学生は日本語や日本文化を日本人学生は外国語や海外の文化を学べるような場としても最適な空間でございます。

シェアダイニングルームにはキッチン(IHコンロ)・テレビ・冷蔵庫等を備えておりますのでご入居者様は最低限必要なお引越し荷物のみですぐに新しい生活がスタートできます。また、シェアダイニングルーム内につきましては清潔感を保つため、水回り等は清掃業者がフォローいたします。


◆シェアダイニングルーム設備・備品
・IHキッチン
 ※やかん、IH対応鍋(3種類)、フライパン、まな板、包丁
・冷蔵庫
・オーブン電子レンジ
・電気炊飯ジャー
・ダイニングテーブル(椅子)
・エアコン
・照明器具
・テレビ
・掃除機
・Wi‐Fiフリースポット

※写真は洋タイプ
※中野別館にはシェアダイニングルームはありません